セフレが欲しい!本気でセフレの作り方を教える体験談ブログ

セフレが欲しい!本気でセフレの作り方を教える体験談ブログ

セフレを作ることのデメリット6つ|妊娠などの危険性!

セフレを作ることのデメリット6つ|妊娠などの危険性!

セフレはいつでもやりたいときにやれて都合のいい関係…というイメージを持っている人も多いと思いますが、実はメリットだけじゃなくデメリットもあります。
セフレを作るうえでのデメリットはしっかり把握しておきましょう。

相手の都合

自分がやりたいときにすぐ会えるセフレならばいいですが相手の都合もあります。
どうしてもムラムラしているときは新規と割り切りをした方がすっきりなんてこともあります。
さらに、相手から会いたいと言われれば自分も時間を作って会わなければなりません。
そうすると自分の時間が減り、かえってストレスとなることもあります。

お金がかかる

セフレなんていつでも無料でできるもんやろー!
なんて思っていませんか?
セフレといえどもお互い男女であり、会ってセックスするだけの関係だと飽きられて関係が終わりになってしまいます。
時にはプレゼントをしたりサプライズが必要でしょう。
また、既婚者の場合などはホテル代も会うたびにかかってしまいます。

どちらかが好きになってしまう

セフレという関係は体を許している存在であるので恋愛関係に発展することもあります。
特に女性のほうが好きになりやすい傾向にあります。
しかし、どちらかが完全に割り切った関係である場合、恋愛感情を持ってもつらいだけです。
こんなにも好きでセックスもするのに、恋人ではない。
という自己矛盾が生じ、関係を続けることができなくなってしまいます。

性病、妊娠の可能性

セフレ関係であることに寛容である場合、前にもセフレがいたことや、他にもセフレがいる可能性もあります。
不特定多数と行為に及んでいる場合、一番怖いのが性病です。
特にHIVは潜伏期間が長いため、一度はセフレと一緒に検査に行くことをおすすめします。
また、妊娠などの可能性もあるのでできるだけコンドームはつけるようにしましょう。

世間体

男性ならばセフレがいると、崇め奉られるものですが女性はそうはいきません。
セフレがいることによって白い目で見られることもしばしば。
男性側はそのことにも考慮してあげなければいけません。

妻帯者、彼女がいる場合のリスク

既婚者、彼女もちほど余裕があってモテることが多いですが、この場合、セフレ関係になることはあっても付き合うことはまれです。
そうするとできるだけ本命にバレないように行動しなければなりません。
妻帯者の場合、不倫なので慰謝料を請求されることもあります。
行動は慎重にしなければなりません。

まとめ

以上、デメリットを挙げましたがこれらはしっかりとリスクを事前に把握しておけば楽しく遊ぶことができます。
セフレとは用法用量を守って正しくセックスしてください。笑

セフレが簡単に作れるPCMAXはこちら!(18才未満利用禁止)セックス三昧

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top